アルゼンチン食品の安心・安全な美味しさの秘密

東京に穴を掘っていくと地球の真裏がアルゼンチンの首都ブエノスアイレスです。
日本とは季節も時間も真逆です。スペイン人の移民の国として栄えたアルゼンチンは現在イタリア系移民53%、スペイン系移民が45%とまさに南米のヨーロッパなのです。

アルゼンチン食品の安心・安全な美味しさの秘密戦争や経済発展をし、大気汚染、土壌汚染、海水汚染の影響をうけている北半球と違い、南半球はまだまだ汚染されていません。南半球の国々の中でも安心・安全で美味しい農産物を作る上で必要な汚染されていない水源、燦々と輝く太陽、新鮮な空気、そして多種多様の農産物を作れる南北に長い汚染されていない肥沃な農地、この4つを兼ね備えている国はアルゼンチンしかないのです。

また、手つかずの大自然をもつアルゼンチンは南米の国としては唯一日本のJASオーガニックマークと同等性を認めたオーガニック先進国としても有名で、多くのオーガニック食品をヨーロッパへ輸出しています。

アルゼンチンの農産物の多くが、種と機械をイタリアやスペインから持ち込んで始めているためイタリア料理やスペイン料理に合う食材が多いのです。そんな口のうるさい人々が汚染されていない肥沃な土地で燦々と輝く太陽のもとアンデスの水とパタゴニアの新鮮な空気で作る、安心・安全で美味しいアルゼンチン食材「大自然の恵み」をぜひお楽しみください。

Copyright(c) G Trading Co.,Ltd. All rights Reserved.